医院概要

医院名 医療法人社団育謙会
住所 〒153-0064 東京都目黒区下目黒6-18-26
休診日 水曜午前 土曜午後 日曜祭日 休診
TEL 03-3712-4970

小林謙院長は耳鼻咽喉科専門医、めまい専門医として高度な専門医療を実践しています。

お知らせ
topics
小林耳鼻咽喉科内科クリニック(めまい・耳鳴り)
小林耳鼻咽喉科内科クリニックサージセンター短期滞在手術

神経内科診療

小林耳鼻咽喉科内科クリニック神経内科外来では・・・

神経疾患診療の専門医として・・・

神経内科専門医として様々な神経疾患の初期診療が私たちの最初の役割です。詳細な病歴、的確な神経学的所見に基づき診断・治療への道筋をつけます。治療を当クリニックで行うと同時に患者さんによっては後方病院との連携で診断・治療に万全をつくします。

神経内科で扱うものには

  • 脳梗塞をはじめとする脳血管障害
  • 認知症
  • 頭痛
  • しびれ
  • その他
などがありますが、これらのうち特に

  高齢化社会の到来とともに増加する認知症の診療

  頭痛専門医による頭痛の診療

の診療に力を入れています。

高血圧・糖尿病・高脂血症など綜合内科のかかりつけ医として・・・

神経疾患発症の背景には高血圧・糖尿病・高脂血症などの生活習慣病が隠れていることが多く、生活習慣病の管理は神経疾患の診療で重要な要素です。言葉が示すように生活習慣病の治療には薬物療法だけでなく生活習慣の指導が不可欠です。綜合内科のかかりつけ医としての役割も神経内科外来では担っています。院長外来と連携して対応する場合もあります。

めまい専門医と連携で・・・

小林耳鼻咽喉科内科クリニックではめまいの専門診療を行っています。めまいの原因が神経内科領域の疾患のこともあります。このような場合には神経内科専門医とめまい専門医である耳鼻咽喉科専門医の連携が重要です。小林耳鼻咽喉科内科クリニックでは神経内科と耳鼻咽喉科が緊密の協力してめまい診療を行っています。

                                                                                                                                                                                    ▲ PAGE TOP

小林耳鼻咽喉科内科クリニック認知症診療

神経内科診療

  神経内科専門医が皆様の「物忘れ」の悩みのご相談に応じております。

小林耳鼻咽喉科内科クリニックでは神経内科専門医が認知症の的確な診療を行っています。

当院の認知症診療理念

  物忘れのスクリーニング

  「最近、人の名前が思い出せなくなった。」「物の名前がなかなか出てこなくなった。」などの物忘れは年齢を重ねるとどなたでも経験することです。一方この物を思い出す能力が正常の加齢より早く悪くなってしまい日常の生活に差し支えるようになることがあります。この状態が認知症と呼ばれるものです。小林耳鼻咽喉科内科クリニックではこの物忘れのスクリーニグを行い認知症の的確な診断を行います。

  認知症の適切な診断

正常の方にも起こることがある物忘れと認知症を疑う物忘れの違いを見極めることが神経内科専門医の仕事です。認知症を疑う第一基準は「物忘れにより、今まで送ることができた日常生活をうまく送ることができなくなった。」ということです。このような変化はご本人自身の自覚がないこともあり、家族の方を悩ませることも多く、家族の方に連れられて来院されることもあります。ご本人やご家族の方に詳しく生活の変化をうかがうことが認知症診断の重要なポイントです。

  認知症を疑った時の検査を適切に行う。

認知症症状を正確に把握し認知症が疑われるかを判断し、記憶力を中心に患者のお話を伺います。これらから認知症が疑われる場合検査を進めることになります。行う検査とは

  • MRIで脳の委縮の状態を確認する。
  • 脳血流SPECTという検査で脳の血流の低下している部分がないかを調べる。
  • 甲状腺ホルモン分泌低下など認知症の原因となるうる疾患を調べる血液検査
などです。大切なことは認知症状の検査は問診と診察が主体で、MRIやSPECTは問診・診察で認知症が疑われた場合に行うものだということです

                                                                                                                                                                                    ▲ PAGE TOP

小林耳鼻咽喉科内科クリニック頭痛診療

神経内科診療

  当クリニックの頭痛専門医が皆様の「頭痛の種」を解消するお手伝いを致します。

小林耳鼻咽喉科内科クリニックでは頭痛の専門医である 神経内科医と耳鼻咽喉科・頭頸部疾患を専門に診療する耳鼻咽喉科専門医が協力して頭痛の専門診療を行なっています。

当院の頭痛診療理念

  一次性頭痛と二次性頭痛の的確な診断

頭頸部や全身に明らかな疾患があり頭痛が起こっているのか(二次性頭痛)、あるいはそのようなものがなく頭痛が起こっているのか(一次性頭痛)を的確に診断し治療方針を決定することが重要です。


  一次性頭痛に対する総合的な治療

片頭痛や緊張型頭痛などの一次性頭痛の治療は適切な薬物療法の選択と同時に生活指導など総合的な治療が大切です


  慢性頭痛の治療ガイドラインに則した治療の実践

日本頭痛学会により2006年に作られた慢性頭痛の診療ガイドラインに則した治療を実践することにより、根拠に基づいた頭痛の治療をめざしています。


  めまいにともなう頭痛の診断治療

最近問題となりつつあるめまいと関連した頭痛を専門的に診断治療します。


一次性頭痛

これらの頭痛にはそれぞれに適した治療法があり、専門医の治療が不可欠です。小林耳鼻咽喉科内科クリニックではこれら一次性頭痛の治療に積極的に取り組んでいます。

一次性頭痛

頭頸部や全身に明らかな疾患なく頭痛が起こるものを一次性頭痛といいます。

国際頭痛分類第2版では一次性頭痛には次の4つに分類されています。

■ 偏頭痛
■ 緊張型頭痛
■ 群発型頭痛
■ その他

                                                                                                                                                                                    ▲ PAGE TOP