医院概要

医院名 医療法人社団育謙会
住所 〒153-0064 東京都目黒区下目黒6-18-26
休診日 水曜午前 土曜午後 日曜祭日 休診
TEL 03-3712-4970
小林謙院長

小林謙院長は耳鼻咽喉科専門医、めまい専門医として高度な専門医療を実践しています。

小林耳鼻咽喉科内科クリニック(めまい・耳鳴り)
小林耳鼻咽喉科内科クリニックサージセンター短期滞在手術

耳鼻咽喉科トータルヘルスケア

耳の病気
鼻の病気
咽の病気
頭頸部の腫瘍

耳の病気 

めまい・耳鳴りの総合診療 

めまみ・耳鳴りの総合診療

小林耳鼻咽喉科内科クリニックでは特にめまい・耳鳴りの専門診療に力を入れています。

難聴の治療

難聴の総合診療

   難聴の原因は様々でそれぞれに適した治療法を選択します。治療法は3つに大別されます。

1.外科的治療

2.薬物療法

 すべての難聴に薬物療法が有効なわけではありません。

3..補聴器の活用                                                            薬物療法が有効でない難聴には補聴器の活用を考えます。補聴器のページへ

急性中耳炎・反復性中耳炎・滲出性中耳炎・慢性中耳炎・真珠腫性中耳炎

滲出性中耳炎・反復性中耳炎・慢性中耳炎・真珠腫性中耳炎

 風邪に引き続いて起こる急性中耳炎の治療は日本耳科学会による小児急性中耳炎診療ガイドラインに基づく治療が推奨されます。いろいろな原因で急性中耳炎を繰り返すことがあり反復性中耳炎と呼ばれます。原因を的確に診断することが大切です。滲出性中耳炎は急性中耳炎や上気道感染症(いわゆる“かぜ”)に続く中耳の感染・炎症をきっかけとして、耳と鼻をつなぐ管である耳管の機能の低下や同時に存在する鼻副鼻腔炎.アレルギー性鼻炎の影響をうけて発症するとされています。治療は日本耳科学会による小児滲出性中耳炎診療ガイドラインに基づく治療が推奨されます。慢性中耳炎とは、中耳に慢性炎症が存在し、鼓膜に永久穿孔がある中耳炎です。難聴・耳鳴・めまいなどの合併症を起こすこともあり、局所の処置や抗生剤の投与などの保存的治療とともに患者さんによっては鼓室形成術と呼ばれる手術療法が必要になります。慢性中耳炎の一つに真珠腫性中耳炎があります。真珠腫性中耳炎では炎症性変化が破壊的で周囲の骨を破壊し進展していきます。合併症が起きやすく、手術的治療(鼓室形成術)が必要です。難治性の中耳炎の一つに好酸球性中耳炎があります。

鼻の病気 

アレルギー性鼻炎・花粉症 

アレルギー性鼻炎・花粉症

アレルギー性鼻炎(鼻アレルギー)の治療は鼻アレルギー診療ガイドラインに基づいて行われます。治療の要点は4点です。

  1. 抗原の除去と回避
  2. 薬物療法
  3. アレルゲン免役療法
  4. 手術療法

鼻づまりの手術 

鼻づまりの手術

 鼻づまりの原因となる病気は数多くありますが、代表的なものに

  1. アレルギー性鼻炎(鼻アレルギー)
  2. 副鼻腔炎
  3. 鼻中隔彎曲症・肥厚性鼻炎
があります。アレルギー性鼻炎(鼻アレルギー)や副鼻腔炎では薬物療法と同時に手術療法も重要な治療法です。一方、鼻中隔彎曲症・肥厚性鼻炎では手術療法が第1選択です。いずれの場合も鼻づまりの改善には手術療法が有効で、それぞれに適した手術法を選択します。

  1. アレルギー性鼻炎(鼻アレルギー)に対する下甲介粘膜焼灼術
  2. 慢性副鼻腔炎に対する副鼻腔内視鏡手術
  3. 鼻中隔彎曲症・肥厚性鼻炎に対する鼻腔形成術

副鼻腔炎

副鼻腔炎

 副鼻腔炎には急性と慢性があります。

  1. 急性副鼻腔炎:風邪の後に起こることが多く、鼻漏・鼻閉等の鼻症状のほかに頬の痛み、頭痛を伴うことも少なくありません。鼻がにおったり、匂いが分かりにくくなることもあります。歯の痛みを感じることがあり誤って歯科を受診することがあります。治療は適切な抗生剤の服用が第1選択です。 
  2. 慢性副鼻腔炎:副鼻腔炎は様々な原因で慢性化します。慢性副鼻腔炎の治療は急性副鼻腔炎と大きく異なります。①薬物療法:慢性副鼻腔炎の場合も薬物療法が第1選択であることは急性副鼻腔炎の場合と変わりありませんが、選択する抗生剤が異なりまります。慢性副鼻腔炎の治療ではマクロライド系抗生剤の小量長期投与が選択されます。②手術療法:手術療法は慢性副鼻腔炎に対する重要な治療法です。一般的には副鼻腔内視鏡手術が行われます。

気管支喘息

気管支喘息

成人の気管支喘息治療は成人気管支喘息治療ガイドラインに準じて行います。治療の要点は次の通りです。

  1. 環境調整
  2. 薬物療法
  3. 免疫療法
  4. 自己管理の重要性

咽の病気

睡眠時無呼吸症候群といびき 

咽の病気

鼻から咽頭をへて気管にいたる空気の通り道は気道と呼ばれています。この気道が狭くなる、特に鼻と咽頭が狭くなって起こる睡眠中の呼吸障害が睡眠時無呼吸症候群や“いびき”という状態です。睡眠呼吸障害には専門的な診療が必要です。鼻と咽の狭さくがひどくなると睡眠の最中に呼吸の止まる状態が起こるようになります。何分も呼吸が停止している人もいます。このような状態では血液の酸素飽和度が80%以下になり全身への影響も大きく突然死の原因にもなりかねません。いびきも睡眠時の無呼吸と同じ原因で起こります。すなわちいびきは無呼吸の始まり、無呼吸の危険信号というわけです。睡眠時無呼吸症候群の診断には睡眠ポリグラフ検査が必要です。睡眠ポリグラフとは睡眠中の呼吸の状態をセンサーを用いて計測し解析する検査です。

睡眠時無呼吸症候群のページ

 

扁桃炎

扁桃炎

扁桃(口蓋扁桃)はのどにある大きなリンパ組織で免疫に関係しています。扁桃は炎症を起こしやすくのどの痛みや発熱の原因となります。扁桃炎には急性扁桃炎と慢性扁桃炎があり耳鼻咽喉科の専門的な治療が必要です。急性扁桃炎は細菌感染で扁桃に膿がつくものです。咽頭痛、急な発熱、全身倦怠が主な症状です。早期に的確な治療を行うことが大切です。ウイルス性の扁桃炎の代表が伝染性単核症でEBウイルスによって起こります。肝機能障害など全身の症状が起こることが問題です。急性扁桃炎がひどくなると扁桃の裏側に膿がたまる扁桃周囲膿瘍になります。開口障害、嚥下障害、呼吸困難など極めて強い症状が起こり、緊急に膿を排出することが必要になります。扁桃の慢性炎症では、のどの違和感が続きます。炎症の結果扁桃の肥大が起こるとイビキ・睡眠時の無呼吸の原因となります。炎症の産物が常に扁桃にたまり口臭の原因となることがあります。慢性扁桃炎では扁桃のなかに細菌が常に存在していることが多く、患者の体調により細菌が増殖し急性扁桃炎を繰り返すことが多くなり、常習性扁桃炎と呼ばれます。扁桃に慢性炎症があると皮膚や腎臓の病気を引き起こすことがあり、病巣感染性扁桃炎といいます。慢性扁桃炎では、扁桃を摘出する(扁桃摘出術)必要な場合があり、耳鼻咽喉科専門医の診察が不可欠です

扁桃炎の薬物療法

声がれ

声がれ

声枯れの原因は炎症から腫瘍まで様々で的確な診断と治療が求められます。声がれの原因疾患には次のものがあります。

  1. 声帯炎
  2. 声帯ポリープ・声帯結節
  3. 声帯の良性腫瘍
  4. 喉頭がん

風邪の診療ガイドライン

風邪の診療ガイドライン

風邪(普通感冒)は安易に抗生剤の投与や総合感冒薬が長期連用されたり治療に誤解の多い病気です。風邪の診療の要点は

  1. 風邪は自然に治る傾向の強い病気である。
  2. 鼻水・鼻づまり・咽頭痛・声がれが起こり、発熱は伴うことも伴わないこともある。
  3. 原因微生物はウイルスが大半。
  4. 特異的な治療法は存在せず対症療法が中心。
  5. 総合感冒薬は症状の緩和を目的とした薬剤に過ぎず過信は禁物。長期連用は避ける。
  6. 発熱などの症状は生体の防御反応であるので、安易に解熱鎮痛剤を使用することは慎む。
  7. 風邪には基本的に抗菌剤の適応はない。

以上は日本呼吸器学会作成「咳嗽に関するガイドライン」基づいています。

インフルエンザ

インフルエンザ

インフルエンザ診療の要点は

  1. 風邪(普通感冒)に比べ発熱、頭痛、咽頭痛、関節痛、筋肉痛などの全身症状が顕著である。
  2. 高齢者や小児では症状が強く合併症も起こり易い。
  3. 確定診断のための迅速診断キットが有効。
  4. 抗ウイルス薬(ノイラミニダーゼ阻害薬)が開発されている。
  5. ノイラミニダーゼ阻害薬には内服薬(タミフル)と吸入薬(リレンザ・イナビル)があり、発症後48時間以内の投与が望ましい。最近2錠を1回服用で済む内服薬(ゾフルーザ)も開発されました。
  6. 抗ウイルス治療に加え、①解熱薬や鎮咳薬などの対症療法②続発性の細菌感染症に対する抗菌薬の併用が行われること行われる。
  7. 流行前のインフルエンザ・ワクチン接種が推奨される。

以上は日本呼吸器学会作成「咳嗽に関するガイドライン」基づいています。

頭頸部の腫瘍 

頭頸部の腫瘍

頭頸部領域には様々な良性腫瘍・悪性腫瘍が発生します。頭頸部腫瘍の治療には専門医診療が不可欠です。小林耳鼻咽喉科内科クリニックではほとんどすべての良性腫瘍の治療を行っています。悪性腫瘍の診療は関連病院との連携で対応しています。


目黒区特定健診

令和02年度目黒区特定健診・がん検診は新型コロナウイルス感染拡大のため延期となっております。現時点で再開の日程は決定しておりません。

当院における新型コロナウイルス感染症に対する感染対策

サンフォード感染症治療ガイドにおける新型コロナウイルス感染症ガイドライン

「サンフォード感染症治療ガイド」は世界的に最も定評のある感染症治療ガイドラインであり、当院では以下の新型コロナウイルス感染症に関する知見をもとに感染対策を実践しています。

新型コロナウイルス(SARS-CoV-2ウイルス)

  • 2019年末、中国武漢の動物市場で発見された呼吸器ウイルスであり、コウモリが宿主である。
  • SARSコロナウイルス(2002~2003)(これもコウモリから検出された)の姉妹ウイルスである。
  • このウイルスによる疾患はCOVID-19とよばれる.
  • 重症化のリスク:年齢にかかわらず,背景疾患,たとえば,糖尿病,心血管疾患,慢性肺疾患(ぜんそく,COPD,肺気腫)があるすべての患者は重症COVID-19のリスクが高い。
  • 米国でのCOVIC-19症例の拡大と増加に関わる因子の解析では無症候症例による水面下での伝播と,季節性インフルエンザが重なったことが,早期の感染拡大と増加の主要因子である。このことは公衆衛生的な制限が解除されても重要な因子
  • 抗体出現と検査:IgG抗体は,症状発現から7~50日,症状寛解から5~49日の間に出現し,高抗体力価となるまでの中央値は症状発現から24日,症状消失から15日である.広範囲の抗体検査に最適な時間枠は,症状発現後少なくとも3~4週,症状寛解後少なくとも2週であることが示唆される。
  • 伝播:①無症状の患者からでも容易に伝播が起こる.②家庭内伝播率16.3%(範囲4.1(小児)~27.8(配偶者))③伝搬は症状発現2日前から始まり,発症5~8時間前にピークに達する。伝播のピークは症状発現の6~8時間前に始まる。④ウイルス排出:期間中央値は17日(範囲12~21日)と報告されている

予防手段 潜伏期間

  • 感染経路を遮断!無関心であってはならない!!
  • 基本的予防策 ①頻繁に手を洗う(アルコールを含む消毒液および/または石けん,水)②よく触れる面を消毒する③人と距離をとる(Social distancing:少なくとも1.8メートル)④自宅待機(食料,薬剤,医療などに関する不可欠な行動,および警察,消防,衛生,医療などの社会的に必要な仕事を除く)⑤人混みおよび/または人が密集した場所を避ける⑥真剣に考える⑦ヨーロッパまたはCDCレベル3の国から帰国後14日は自己隔離⑧人前に出るときはマスクをつける⑨目,鼻,口に触れない⑩咳エチケット(くしゃみや咳をするときは鼻や口を覆う)
  • 平均潜伏期間は暴露後~5日(範囲4.1~7.0日だが,最短で36時間,最長で14日)と推定される.無症候(発症前)の感染者からの伝播も起こり得るが,症状が発現すればより伝播しやすくなる.

症状

  • 1週~10日で筋肉痛,悪寒,倦怠感(疲労),咳,混乱(ぼんやりする),軽度の発熱,味覚の喪失などが現れる.これらの症状は,いつの時期にも(多くは2週目に)息切れに進行する.
  • 平均8日で呼吸困難,平均9日で肺炎/肺臓炎を発症する.
  • インフルエンザは発症が急激である点でCOVID-19とは異なり,その後の経過も異なる.
  • ニューヨーク市の5700例の入院患者での症状,併存症,予後 ①もっとも多かった併存症:高血圧(56.6%),肥満(41.7%),糖尿病(33.8%)②鍵となるバイタルサイン:体温>38℃(30.7%),酸素飽和度<90%(20.4%),心拍数>100/分(43.1%).
  • 無症候性感染が起こるため,有効な予防手段が必要不可欠である(予防参照).

患者の管理およびリスク因子

  • 有症状/軽症~中等症の場合:家に留まり,家庭内では自己隔離し,医療者に電話か電子的手段で連絡するよう促す
  • 重症の徴候たとえば呼吸困難がある場合:ただちに受診.小児多臓器炎症症候群
  • 高齢(年齢≧65歳),背景疾患のある患者(年齢にかかわらず),免疫不全患者軽症でも早期に医療者と連絡をとる
  • 可能ならSpO2を測定:安静時で90%より低下したら受診
  • 労作時の息切れ(寝室から洗面所への歩行が困難):受診
  • 予後不良のリスク因子:高齢,高SOFAスコア,d-dimer>1μg/mL
  • 年齢にかかわらず背景疾患の存在は重症化のリスク因子(MMWR 2020年3月31日

評価と臨床検査の基準

  • 地域/州の公衆衛生部門と連携して検査を行う.
  • 患者にCOVID-19に一致した所見/症状(発熱および急性呼吸器症状,たとえば,咳,呼吸困難)があるか確認する.
  • 検査の優先順は急速に変化している.以下を優先的に検査する:①COVID-19の所見/症状がある入院患者(感染制御のための情報を得るため)②有症患者(年齢≧65歳)、慢性疾患(たとえば糖尿病,心疾患,肺疾患,腎疾患)のある患者(どの年齢でも)、免疫不全患者③COVID-19の疑いあり,または臨床検査で確診された患者と発症前14日以内に密接な接触をしたすべての個人(医療従事者を含む)④症状発現前14日以内に流行地への旅行歴があるすべての個人

医療施設

  • 医療従事者は,標準的予防措置,接触の予防,飛沫感染予防,眼球の保護(たとえばゴーグル,顔面マスク)を行う.
  • 患者と接触前後の手洗い,および表面(靴底を含む)の消毒が重要.病院薬剤部の床からのサンプルは100%陽性だった!

診断検査

  • 検体:鼻咽頭(NP)スワブが好ましい
  • 医学的合併症がなく比較的軽症の患者9例における詳細なウイルス学的解析①ウイルスは鼻咽頭スワブ,咽頭,肺検体から容易に分離されたが,ウイルスRNA濃度は高いにもかかわらず糞便からは分離されず,尿や血清からも分離されなかった.②8日後にはどの検体からも分離されなかった.③ウイルスRNA量は初期の症候期間に最も高く,徐々に低下し,発症後2~3週では症状は寛解したものの依然として検出可能だった.④患者の50%で7日目まで,100%で14日目までにセロコンバージョンが起こった.⑤セロコンバージョンが起こっても,その後ウイルスRNA量は急速には低下しなかった.
  • 軽症~中等症COVID-19患者56例における,呼吸器検体中ウイルスRNAのRT-PCR研究:4週目までに66%,5週目までに95%,6週目までに100%が陰性となった
  • 検査キット米国FDAは,次々と開発されるSARS-CoV-2/COVID-19診断検査について緊急時使用(EUA)レターを発行している.
  • HKU1,NL63,229E,OC43はヒトコロナウイルスであり,マルチプレックスパネルで検出可能である.これらは上気道感染症およびウイルス性肺炎と関連するが,SARS CoV,MERS CoV,SARS-CoV-2(武漢)とは異なり,大規模流行や重症呼吸器症候群に関連することはない.
  • SARS-CoV-2は,上気道感染症に関連するHKU1,NL63,OC43,229E株(マルチプレックスパネル,たとえばBioFire FilmArrayやLuminexで検出可能)とは交差反応しないようである.

治療薬

  • 第一選択としてレムデシベルが推奨いされる(米国FDAによる緊急使用許可)。
  • 第二選択薬はなし。

当院での感染症対策

  • 飛沫・エアロゾル感染予防のため来院時にはマスクの着用を必ずお願いします。咳エチケットの励行をお願いします。
  • 医師・職員のマスクならびにゴーグルの着用にご理解をお願いします。
  • 院内の換気を励行しています。ご協力をお願いします。
  • 受付窓口に感染防御のシートを設置しております。
  • 手指接触感染予防のため来院時ならびにお帰りの際に手指消毒にご協力をお願いします。
  • 診察室・検査室にお入りになる際も手指消毒にご協力をお願いします。お出になる際もお願します。
  • 院内の床からの接触感染の報告があるため病院にお入りなる際消毒マットでの靴底の消毒をお願します。
  • 消毒マットは診察室、トイレ前にも設置予定です。
  • Social distancing にご協力ください。
  • 院内感染予防のため患者には1階のトイレのみのご使用をお願いします。
  • 定期的通院中の方で発熱・倦怠感などがある方は必ず受付にお申し出ください。
  • 発熱・倦怠感・息苦しさで受診される方は必ずあらかじめお電話を下さるようお願いします。
  • 発熱・倦怠感・息苦しさなどのある患者さんは、通常の患者さんと異なるラインで診療をいたしますのでご協力ください。
  • 発熱・倦怠感など体調の悪い職員は出勤させないように配慮いたしております。
  • ご不便をお掛けしますが、職員の時差通勤にご理解をお願します。